パナソニックなどがWEB社内報をやめて紙社内報を復活させた理由

パナソニックなどがWEB社内報をやめて紙社内報を復活させた理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

紙社内報とWEB社内報の流れ

あなたは、社内報をご存知でしょうか。また、社内報の必要性をご存知でしょうか。

社内報とは、社内広報の略、または社内広報のツールである社内冊子、社内新聞、社内会員サイト、社内SNS、イントラネットなどの媒体を指します。

社内報は、会社から従業員に向けて発信する社内情報であり、会社の方針、社内活動、企業文化、考え方の共有、社員間コミュニケーションの促進などの役割を担っています。

参考:
社内報とは?社員意識を変える5つの目的と活用方法

現在でも、紙媒体の社内報の発行は、医療・薬学などの専門業界、または大企業が中心に行っていますが、一昔前までは、社内報を発行する一般中小企業も多かったように思います。

今社内報をあまり聞かなくなってしまった原因は、単純に日本の経済停滞によって、まず最初に社内報がコストカットされてしまったためです。

その後、ITとパソコンインフラ環境の発展から、社内報は印刷物から社内サイト、イントラネットなどに形を変えはしたものの、中小企業においては、そこまで大きく扱われることはありませんでした。

ところが最近、この流れが変わりつつあるように思います。

WEB社内報から紙社内報が復活した事例

2014年末にこのようなニュースがありました。

パナソニックは11月から、紙に印刷した社内報を約2年ぶりに復活させた。経費削減のため平成24年末にイントラネットで読む電子版に一本化したが、「電子化されてから読まなくなった」との意見が続出。経営トップの事業戦略や考え方を浸透させるため年4回発行することにした。

 社内報は「パナソニック ヘッドラインズ クオータリー」。カラー刷り36~40ページを毎号約10万部印刷し、全社員に配布する。

参考:
電子版読まれず パナソニック「紙の社内報」2年ぶりに復活 – 産経ニュース

パナソニックは、以下のように2013年に紙社内報を休刊して、WEBサイトに一本化していました。その当時も私たちの業界的には、かなり大きなニュースでした。

参考:
パナソニックが社内報を電子化 紙媒体は85年の歴史に幕 – MSN産経west

パナソニックは、1927年から紙社内報「pana」を発行していたため、85年間社内報を発刊し続け、たった2年だけWEB社内報に以降して、すぐにまた紙の社内報を2年振りに復活させた、という流れになります。

また別のお話として、最近何かと話題のシャープですが、こちらもパナソニック同様、1958年から刊行されている紙社内報「窓」を2012年に休刊しましたが、2014年にすぐ復活させています。

どちらも歴史があり、モノづくりでは日本のトップを走ってきた企業です。

両者は、これまで培ってきた社内報のノウハウと歴史を捨ててまで、WEB社内報に移り、たった2年でやめて、紙の社内報を復活させています。

つまり、社内報は必要だけど、WEB社内報ではメリットが少ないと判断したのでしょう。

なぜ、このように大手企業は、紙社内報を復活させているのでしょうか。もう一度社内報の重要性を考えてみたいと思います。

社内報の意義

以前にお伝えした通り、社内報がなぜ必要なのかというと、以下の5つの意味があるためです。

社内報の意味1.会社の経営方針や現状を伝える
社内報の意味2.会社の歴史を知り企業文化を担ってもらう
社内報の意味3.社員間のコミュニケーション促進
社内報の意味4.グローバル展開の中で内部のつながりを作る
社内報の意味5.企業コンプライアンスの植え付け

参考:
社内報とは?社員意識を変える5つの目的と活用方法

特に、人が多い大企業、拠点が多い企業ほど、組織運営を円滑に行うために、何らかの情報発信手段が必要になります。

社内報自体は、その企業風土や時代にあってさえいれば、紙であろうが、WEBであろうが、その他であろうが、何でも良いと思います。

ただ、例に挙げたパナソニックやシャープは、WEB社内報に移行したにもかかわらず、紙社内報に戻ってきています。

紙社内報を廃刊した理由

なぜ、パナソニックやシャープは長年続けてきた社内報を一度WEBに切り替えたのでしょうか。一部ニュースに取り上げられたものと私の予想で考えてみます。

理由1.コストがかかるため

紙社内報を廃刊した当時は、パナソニック、シャープ共に、業績悪化で苦しんでいました(今も決して良好とは言えませんが)。そのため、お金が掛かり過ぎる紙社内報よりは、媒体費用が少ないWEBを選択しました。

ちなみに、パナソニックの場合、社内報にかかっているコストは以下のように予想できます。

発行部数:11万部(うち英語版約4000部)
判型:B5変形
ページ数:36ページ

英語版もあるので、印刷だけで300万~600万円ほど(紙質、色数による)。36ページ分の記事作成が必要なので、編集会議、資料集め、執筆、社内インタビュー、ページ校正などで5人×3か月で600万~800万円ほど。英語版は半分は別物、さらに翻訳も必要なので、300万~500万円ほどと予想。

恐らくかかわっている人数はもっと多いでしょう。年4回発行なので、どう少なく見積もっても5,000万円~/年はかかっていたのではないでしょうか。

理由2.CSRを含めたエコ活動のため

紙を減らす=エコというのは、間違った認識なのですが、世間一般的に定着してしまっているため、仕方がありません。

紙を減らしてエコに取り組みます!と宣言し、取り組み始めた時点で、CSRとしての意義は全うできます。

理由3.紙から電子化の流れがあったため

エコ云々は関係なく、閲覧する人が、紙ではなく電子媒体を主に見るようになってしまったら、そもそも紙社内報を発行しても、その効果が薄れてしまいます。

2010年以降は、丁度その流れが大きく言われていた時期でした。

理由4.グローバル化が進んでいたため

時代の潮流もありましたが、それとともに、当時は日本の円高が最高に進んでいた時期でもありました。

そのため、日本におけるグローバル企業は、本当の意味での国籍を持たないグローバル化が進められていました。これは、海外工場がメインになり、日本人、外国人の区別なく登用が進められたことを意味します。

そのため、タイムリーな情報発信を行えるWEB社内報の方がメリットがあると考えられた可能性があります。

理由5.双方向コミュニケーションがとれるため

WEB社内報を使うことでコメントを募ることもできますし、GOOD/BADなどのアクションをさせることもできます。

これまではただの情報発信のみだったものが、何らかの反応が期待でき、さらに良い取り組みに反映させることができます。

紙社内報が復活した理由

紙社内報をやめ、WEB社内報を進めていくことは、コストカットとともに、変化する新しい環境に合わせた社内ツールが必要になった結果だったと言えます。

それにもかかわらず、パナソニック、シャープどちらもわずか2年でWEB社内報をやめてしまっています。これにはどのような理由があったと考えられるでしょうか。

理由1.社内業績が安定してきたため

2010年前後よりは、日本の経済自体が上向きになっています。特に、グローバルに商品を展開している企業にとっては、円安はかなりの追い風になったはずです。

元々、歴史のある社内報をやめてしまうことには抵抗はあったのでしょう。そのため、業績回復の兆しが見えた段階で復活、ということです。

シャープは現段階では微妙ではありますが、日本自体の景気回復に期待と言ったところでしょうか。

理由2.思ったよりもWEB社内報が見られなかったため

これは年代によるかもしれませんが、紙を見る行為よりも、WEBを見る行為の方が、他の情報に浮気をしやすいように感じます。

紙媒体は、ページをめくっていくため、読む順番がありますが、WEBは、自分が欲しい情報を摘んでいくイメージです。

そのためWEB社内報では、いくらお題目がついていても、興味関心がある情報しか読まれず、一番重要な理念や経営方針が伝達されないというデメリットがあります。

理由3.反響が可視化されてしまうため

紙社内報は、良い意味でどれ位読まれているかがわかりません。

そこにどれほどの影響力があるかはわからなくても、企業として、経営理念や今後の経営方針を発信し続けているという外部への体裁と継続性にも意味があるのです。

しかし、WEB社内報であれば、反響は全て可視化されてしまいます。本来は、情報を発信し続けることに意味があるにもかかわらず、思ったほどの反響がなかった場合、廃止する明確な理由になってしまいます。


その他にも、現在の株主(多くは高齢層だと思われる)に対するアピール、モノを作っているという自負、社内政治ということが考えられます。

WEB社内報をやめて紙社内報を復活させた理由まとめ

私の個人的な意見としては、現在の企業風土においては、企業の統率がとれて、社内報を作っている担当者も満足させ、さらには、株主への配慮も含めて考えると、紙社内報の方が適していると考えます。

もちろん、これが20年後、30年後に同じ企業風土だということはあり得ません。

たとえば、電子書籍が出始めのころは、年齢に関係なく圧倒的に紙の書籍の方が良いという意見を聞きましたし、電子書籍では、紙の質感や読んでいる意識そのものを感じられないという意見を聞きました。

ところが、電子書籍登場から5年ほど経って、若い世代では、電子書籍が当たり前になりつつあります。それはそうです、読書を始めたのが電子書籍からであれば、紙の質感はそもそも知りませんし、読んでいる感覚も単なる慣れでしかありません。

5年、10年で全てが劇的に変わるとは思えませんが、徐々に紙社内報とWEB社内報の転換期に入りつつあることは間違いありません。

もし、大手企業であれば、その人員構成やステークホルダーが高齢層であるため、まだ紙社内報中心の方が効果は高いでしょう。

逆にステークホルダーが若年層になってきている若い企業は、WEB社内報と紙社内報の利点が半々くらいなので、厄介なのかもしれません。

どちらを使うにせよ、社内報の重要性自体は、5年後も10年後も変わらないでしょう。

会社の理念や方向性を示し続け、歴史を作っていくためには、紙にしろ、WEBにしろ、なるべく早い内に社内報に取り組んだ方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パンフレットなどの販促ツールのご相談を受け付けております
パンフレットなどの販促ツールのご相談を受け付けております

年間3,000件超の紙媒体・印刷物を制作している弊社が培ってきたノウハウをもって、紙媒体(パンフレット・小冊子・ポスター・DMなど)による販売促進を、弊社ディレクターがサポートいたします。

販促ツールの制作に関するお問い合わせはこちらで受け付けております。お気軽にご相談ください。

販促ツールのご相談・お問い合わせはこちらから