なるべく簡単にセミナー参加者を集める7つの方法

なるべく簡単にセミナー参加者を集める7つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

自社セミナー集客の方法は?

自社セミナーを開催することは素晴らしいことです。なぜなら、自社セミナーを開催することで得られる11のメリットがあるからです。

セミナー開催のメリット1.企業ブランディングに繋がる
セミナー開催のメリット2.パーソナルブランディングに繋がる
セミナー開催のメリット3.指名で契約依頼に繋がる
セミナー開催のメリット4.営業効率が上がる
セミナー開催のメリット5.口コミや紹介に繋がる
セミナー開催のメリット6.商品単価が上がる
セミナー開催のメリット7.顧客を選べるようになる
セミナー開催のメリット8.少予算で優良な見込み顧客を集めることができる
セミナー開催のメリット9.マニュアル化できるようになる
セミナー開催のメリット10.コンサルティングフィーがもらえるようになる
セミナー開催のメリット11.顧客を喜ばせ成果に繋がる

参考:
自社セミナー開催で得られる11のメリット

もちろん誰もが初めてのセミナー開催には不安を感じます。

でも、セミナーを開催することに及び腰になる必要はありません。なぜなら、あなたは普段から人前で、自分が得意な話を展開しているからです。

その方は、普段営業職で、自社商品を毎日顧客に販売しています。他社の商品と比較したり、特徴的な使い方を説明したりもしています。

つまり、「専門知識を持っていて、人前でその話をする」ことは、セミナーと同じです。セミナーと言っても、5名以下で行われる小さなセミナーは毎日あります。

参考:
全ての企業が自社セミナーを開催すべき3つの理由

というわけで、あなたは、「これは自社セミナーを開催しない手はないな。」と5W1Hを使った準備をせっせと始めます。

参考:
自社のセミナー運営に欠かせない5W1Hの考え方とは

そこで、はたと気づくのです。「あれ?セミナーの集客ってどうすればいいんだろう……。」

自社セミナーを開催するためには、参加者を集めなければいけません。

「セミナーの参加者って、10人?20人?30人?もっと必要?」

というわけで今回は、自社セミナーを開催するために参加者を集める7つの方法のお話をしたいと思います。

セミナー参加者を集める方法1.営業から直接伝える

事業体にもよりますが、普段から接触している顧客がいるならば、担当している営業マンがいるはずです。

自社セミナーは、他の販促手法と同様、一度の開催で何らかの成果を挙げるための手法ではありません。

まずは、普段からお付き合いがある顧客を動員して、セミナーの雰囲気を作り上げるようにしましょう。

セミナー参加者を集める方法2.内部リストにDMを送る

もし、対面で顧客と接触していない場合、顧客リスト・見込み顧客リストがあるはずです。DMを使って、内部リストに対してセミナー集客を促しましょう。

商品の販売ではなく、セミナー集客でも、DMを活用するためのルールは変わりません。以下をご参考に。

参考:
販促DMを100%有効活用する7つの基礎知識
やってはいけないDM失敗の12法則
私のために!と思わせるDM反響率をあげる3つの方法

セミナー参加者を集める方法3.セミナー紹介サイトを活用する

無料のセミナー紹介サイトに登録して、セミナー集客の間口を少しでも多くしておきましょう。

登録にかかる手間は知れているので、なるべく多くのサイトに登録をして、セミナー集客の間口を広げておきましょう。

もちろん、これらのセミナーポータルサイトは、自分が興味があるセミナーに参加するためにも活用できます。

知識のインプットだけじゃなく、他社のセミナー運営を見て、自社セミナー開催に役立てるという使い方もあるでしょう。

参考:
自社セミナー集客のために告知ができるサイト12選

良い意味で、セミナー参加が趣味のような方もいます。初めから、セミナー紹介サイトに過度な期待をしてはいけませんが、ある程度名前を覚えてもらえれば、セミナー参加のハードルは低くなります。

セミナー参加者を集める方法4.近隣企業宛にポスティングする

セミナー開催用の資料を作ったら、近隣企業宛にポスティングを行ってください。

ポスティングの対象地域は、あなたの企業名を見かけることが多い自社周辺、気軽にセミナーに参加する方が多いセミナー会場周辺の2箇所です。

セミナー参加者を集める方法5.代理店に集客を依頼する

セミナー集客を代行している企業があります。方法はその代理店によって異なりますが、アフィリエイトやメルマガを使って集客を行います。

もちろんそれなりにコストは掛かるため、以下のサイトを使って費用面の検討をしておきましょう。

参考:
セミナー集客代行比較 > セミナー集客代行会社へ一括問合せ集客手法・価格感など最適なプランをご紹介!

セミナー参加者を集める方法6.ジョイントセミナーを行う

一社でセミナー集客が難しい場合、複数社でジョイントセミナーを行うと良いでしょう。

ある程度テーマが同じであれば、セミナー運営の負担も軽減されますし、お互い協力した集客を行うことが可能です。

セミナー参加者を集める方法7.他社セミナーに積極的に参加する

前述しましたが、良い意味で、セミナー参加が趣味のような方はいます。

セミナーの中には、交流会や名刺交換会を積極的に行うものもあります。もし、そういったものがなくても、セミナー参加者とは、セミナー内容が共通話題になるため、コミュニケーションは取りやすいはずです。

「今度うちもセミナーやるので、良かったら来てください。」

この声掛けだけで、セミナー集客はほぼ行えます。

簡単にセミナー参加者を集める方法まとめ

冒頭にお話した「自社セミナーの集客は何人程度行えばよいか?」ですが、あなたの会社にとって初めてのセミナーであれば、5人~10人が妥当なラインでしょう。

もしも大規模なセミナーを開催したいのであれば、何度かプレセミナーを開いて、セミナー運営の感覚を掴んでから、大規模セミナーの準備を整えるようにします。

自社セミナーの成否は、8割方準備で決まります。

その8割の中で、セミナー集客が占める重要性は非常に高いため、なるべく多くの手段を使いつつ、今後のセミナー開催に最適な集客方法を見極められるように、しっかりとPDCAを回してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パンフレットなどの販促ツールのご相談を受け付けております
パンフレットなどの販促ツールのご相談を受け付けております

年間3,000件超の紙媒体・印刷物を制作している弊社が培ってきたノウハウをもって、紙媒体(パンフレット・小冊子・ポスター・DMなど)による販売促進を、弊社ディレクターがサポートいたします。

販促ツールの制作に関するお問い合わせはこちらで受け付けております。お気軽にご相談ください。

販促ツールのご相談・お問い合わせはこちらから