印刷物で意識する読みやすい文章を作る4つの法則

印刷物で意識する読みやすい文章を作る4つの法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

せっかく作った印刷物の文章を読んでもらうには

私たちが印刷デザインをする際に気をつけることは、その印刷物の存在に注目を集めて、見た人に興味を持たせる工夫です。

印刷物は世の中に沢山あるため、まず最初に、その印刷物の存在に気付いてもらわないと、何が記載されているのかまで辿り着きません。これは以前にも話題にした内容です。

チラシやパンフレットの優れたデザインは、表現するサービスや商品に良い印象を与え、的確な情報を伝えることができます。ここで言う優れたデザインとは、

1.インパクトがあるグラフィックで、思わず目に入ってしまうデザイン
2.的確で読みやすい文字配置、タイポグラフィにより情報が伝わりやすいデザイン
3.何をすれば良いか、どうすればメリットが得られるかがわかりやすいデザイン

何らかの商品説明をしたチラシであれば、この1→2→3の流れを追って、人は認識を深め、最終的に商品販売や売上などに繋がります。

参考:
優れたデザインのチラシ、パンフレットが顧客に与える3つの効果

チラシやパンフレットにインパクトのある写真やグラフィックを使ったり、大きくてわかりやすいキャッチコピーを配置するのは、注目を集めるためのDTPデザインの王道です。

しかし、せっかく興味を引いても、最も伝えたい情報を読んでもらえないと意味がありません。

もっとも重要な情報部分の文字組みは、美しさだけではなく、読みやすさにも気を使います。文章が読みにくいと、いくら興味があって手に取ったものでも、読みたくなくなってしまいますよね?

読みやすい文章を作ることは、グラフィックやキャッチコピーで強烈なインパクトを与えることと同じくらい重要なのです。

では、文章を読みやすくするためには、どのような工夫が必要なんでしょうか。

読まれる印刷文章の法則1.1行の文字数は縦横で決まりがある

文章には、読みやすい文字数があります。もちろん、全体の文章が何文字なのかで、読みやすい読みにくいはあります。ただし、これは一概に◯◯文字~◯◯文字だと読みやすいとは規定できません。

印刷物の文字組みで、私たちが気をつけなければいけないことは、印刷物を手に取った人に、文章が読みづらいと思わせないことです。

ここで言う読みやすさの1つに、1行が何文字で構成されているかがあります。1行の文字数は少なすぎても、多すぎても読みにくくなってしまいます。

まず、1行の文字数が少なすぎると、行末から次の行頭への視線移動の回数が多くなって、文章の意味がわかりづらくなってしまいます。

反対に、1行の文字数が多すぎると、行末から次の行頭への視線の移動距離が長くなって、次の行頭を探す行為が必要になってしまいます。

人間が1度に認識できる文字数は8~10文字程度と言われています。そのため、疲れずに理解しながら読める文字数は、縦組みの場合は30~40文字程度、横組みの場合は20~30文字程度が目安です。

ちなみに原稿用紙は縦が20文字です。また、WEBサイトの場合はちょっとルールが違ってきます。

20字詰めの記事の例

35字詰めの記事の例

読まれる印刷文章の法則2.文字の大きさには決まりがある

文章の読みやすさは、以下の要素にも左右されます。

・文字の大きさ
・文字と文字の間隔
・行と行の間隔

文字の可読性は文字サイズだけでなく、組版の幅や文字間、行間で異なりますし、対象年齢によっても左右されます。

文字サイズが小さいと文字の判読が難しく疲れますし、意味が理解しづらくなります。文字間が均一でない場合は、文字を読むテンポが変わるため、無意識のうちに疲労を感じるようになります。

一般的に本文の文字サイズは8~10ポイント(1pt=0.35mm)が最適とされています。

行間は、縦組みであれば、使用する文字サイズの60~100%程度が妥当だと言われています。つまり、文字サイズ8~10ポイントの場合、おおよそ6~10ポイント程度ということになります。

横組みの場合の行間は50~70%程度を目安にします。

もちろん対象年齢が上がれば、文字サイズを大きくするのですが、その場合150~200%が目安になります。

ただし、文字サイズというのは、フォントの種類によって大きく変わりますし、サイズが同じでも線の太さによって見た目も変わります。ここでは、基本的なサイズ感と捉えてください。

読まれる印刷文章の法則3.読みやすく感じる文字のデザインがある

文章の読みやすさを考える場合、全体のデザインにも左右されますが、フォントも読みやすさを感じる要素の1つです。

フォントは、明朝系(欧文フォントの場合セリフ体)の文字とゴシック系(欧文フォントの場合サンセリフ対)の2種類にわけられます。

明朝系のフォントは、1文字の構成に線の強弱があり、ゴシック系のフォントは、1文字を構成する線の太さが均一という特徴があります。

読みやすく感じる文字

明朝体の特徴

明朝体は、強弱があるため文字の形を判別しやすく、正確に読めるため、疲れを感じにくい特徴があります。また、横線が細いため、軽やかで明るい印象になります。そのため、長めの文章に使いやすいフォントです。

ただし、フォントが小さくなると線の細さのため、文字が判別しづらくなります。

ゴシック体の特徴

ゴシック体は、線の太さが均一なので、明朝体に比べてインパクトがあり、目に入りやすい特徴があります。そのため、簡潔に要点を伝える文章やキャッチコピーに使われることが多いフォントです。

また、ある程度小さな文字でも読みやすいため、雑誌の本文や注釈などに使われやすいフォントです。

明朝体とゴシック体の使い分けが重要

DTPで使われるフォントは、明朝体とゴシック体を混ぜて使わず、なるべく同一のフォントで太さが異なるフォント(フォントファミリー)で表現するほうが統一感がでます。

文章のメリハリは、フォントの大きさとウェイト(太さ)で調整するのが一般的で、読んで疲れない文章に仕上げることができます。

読まれる印刷文章の法則4.紙面に対する文字と図版の割合には決まりがある

文章の読みやすさは、文字とグラフィックなどの画像のレイアウトによっても変わります。

たとえば、文章だけでレイアウトされたチラシと画像と文章を組み合わせたレイアウトでは、見た目の印象が変わり、画像がある分、文章が読みやすくなります。

このような、画像の視覚効果による読みやすさの加重は、画像が占める面積と文章が占める面積の割合によって変化します。

この写真と文章の面積比のことを図版率と言います。たとえば、小説はたまに挿絵がありますが、図版率は0%、反対に絵本は図版率が高くなります。

読み物である本の場合、一般的に年齢層が低いほど図版率が高くなっていきます。

チラシやポスター、または冊子の表紙は、インパクトを与える画像や象徴する写真を使うため、年齢に関係なく図版率は高くなりますが、読みやすい図版率は50%~70%ほどだと言われています。

こころの元気

また、誌面広告や雑誌では図版率を50%前後にすると読みやすいと言われています。

印刷文章を読んでもらうための法則まとめ

今回は、主にチラシやポスターなどの「認知」というきっかけが必要な媒体を中心に、文章を読んでもらうための4つの決まりごと、法則をご紹介しました。

1.縦横の1行に応じた文字数
2.文字の大きさや行間
3.使用するフォント
4.紙面に対する図版率

これら4つの決まりごとは、掘っていくとさらに気をつけなければいけない注意点や、DTPテクニックがあったりします。もちろん、使用する媒体によってもそのルールは変わります。

そちらは、また改めてお伝えしていきたいと思います。

まずは、チラシやポスターなどで文章を読んでもらうために必要な4つの基本的な法則を覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パンフレットなどの販促ツールのご相談を受け付けております
パンフレットなどの販促ツールのご相談を受け付けております

年間3,000件超の紙媒体・印刷物を制作している弊社が培ってきたノウハウ全てをもって、紙媒体(パンフレット・小冊子・ポスター・DMなど)による販売促進を、弊社ディレクターがサポートいたします。

今なら、無料相談を実施しております。まずはお気軽にご相談ください。

無料相談はこちらから