パンフレットページ数の決め方と会社案内の基本コンテンツとは

パンフレットページ数の決め方と会社案内の基本コンテンツとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

パンフレットや冊子のページ数は?

印刷物を作りたい時に、パンフレットなどの冊子形式にすることはよくあります。

もちろん、どのような内容にするのか、含めるコンテンツ量はどれくらいなのか等によっても変わりますが、「一体、何ページにするのが一般的なんだろう?」と考えたことがあるはずです。

実は、パンフレットなどの冊子を作る場合には、印刷に適したページ数の考え方があります。

あなたは、これからもパンフレットなどの冊子印刷を発注することがあるでしょう。

その際、基本のページ数やその考え方を押さえておくだけで、印刷会社と良い交渉ができ、良い印刷物を作る手助けになるかもしれません。

印刷物は一度刷ってしまうと簡単には修正が効きません。妥協の少ないパンフレットを作るために、ページ数の基本とその考え方を知っておきましょう。

パンフレットは8ページまたは16ページで作るのが基本

パンフレットなどの複数ページがある印刷物は、どのようにページが作られているのでしょうか。

まず、1枚の紙を2つ折りにすると全部で4ページになります。これを2枚の紙を使って行うと、パンフレットの最小ページ数になります。

パンフレットは2枚以上の紙を使用して小冊子状になっているもののことです。

一般的に、パンフレットは8~16ページ位まで、それ以上のページになるとブックレットと呼ぶこともあります。

参考:
よくわかるチラシ、リーフレット、フライヤー、ポップの違い

A4サイズが多いパンフレットの場合、A3サイズの紙を2つ折りにして冊子形状を作ります。

パンフレットの面

A3サイズ1枚で4面ができあがるため、4の倍数でページを増やしていくことが基本のように思うかもしれませんが、輪転機などの大きな印刷機を使うため、8の倍数が基本です。

なぜなら、パンフレットなどの冊子の場合、仮に16ページ物(A3サイズ4枚分)であれば、以下のように、A1サイズの用紙に面付けを行うためです。

面付け

少しややこしいかもしれませんが、16ページの場合、2セットの面付けを行います。上記の数字が逆になっているのは、デザインの天地を現しているためです。

たとえば、1の横に16がありますが、表紙が1だとすると、裏表紙は必ず16に……という考え方で、面付けを行うとこのような配置になります。

もしこれが12ページだった場合、きれいな1枚の面付けを行うことができません。そのため、印刷効率は悪くなってしまいます。

このような理由から、パンフレット等の冊子は8ページ、または16ページの倍数で考えるのです。

A3サイズで4ページだから、4の倍数で12ページで調整できると考えてしまうと、場合によってはコストが上がってしまうかもしれません。

それでは、パンフレットの基本が8ページ、16ページということを念頭に置きつつ、一番多く作られている会社案内パンフレットを作る場合のコンテンツについて考えていきましょう。

会社案内パンフレットのコンテンツは決まっている

会社

「よくある会社案内じゃ駄目!!」

このようなフレーズはよく聞きます。確かに、尖ったデザインや企画で作られたパンフレットの中には、素晴らしいものがたくさんあります。

ただし、それがあなたの会社案内に適しているかどうかを考えてみてください。変わったデザインや面白い企画にこだわりすぎて、そもそも会社案内の意味を忘れていないでしょうか。

恐らく、これまで何社もの会社案内を目にし、会社案内の見方をわかっている方が、変わっているだけの会社案内を見た時に、わかりやすいとは思えません。

一番注目したいことは、パンフレットの構成要素であるコンテンツです。会社案内には、会社案内に適したコンテンツが存在します。まずは、会社案内に入れるべきコンテンツを押さえてください。

会社案内コンテンツ1.事業紹介

事業紹介は、あなたの会社が何であるかを示すために必ず必要な項目です。

内容は主に事業の概要、商品やサービスの2つに分かれます。事業概要は、単純な事業概要と会社としての仕事への取り組み方を記載します。

商品、サービスは取り扱い品目が多いほどページ数が必要になるので、会社案内パンフレットの多くが、事業紹介に割かれることが多くなります。

会社案内コンテンツ2.企業理念

会社としてのビジョン、ミッション、社長の経営哲学等を示すページです。ここを疎かにしてしまう会社案内がありますが、このページは外部よりも内部向けと考えて良いでしょう。

ビジョンやミッションは、その会社にとっての選手宣誓です。歩く方向を示して連帯感を生んだり、常に見られている感覚を社員に持ってもらうために必要なコンテンツです。

会社案内コンテンツ3.会社概要

会社の設立日や住所、電話番号などの基本的な情報を示すページ、その会社が創設された経緯や歴史などを記した沿革、組織図、支社や関連会社などの拠点情報を記載するために絶対必要なコンテンツです。

会社案内コンテンツ4.CSR

地域貢献、社会貢献、環境貢献など、その会社の事業活動を通して、一体何に貢献しているかをアピールする場所は必要です。

特にCSRは、企業歴が長いほど、また企業規模が大きいほど、積極的に取り組むべきと思われる節があります。CSRがしっかりと書ける会社案内を作りたいものです。

会社案内コンテンツ5.社員紹介

社内風土や社内環境をわかってもらうためには、社員紹介やワーキングシーンを公開することが1番です。

商品紹介に次いで、デザインや見せ方にこだわることができるのがこのコンテンツになります。

パンフレットページ数の決め方と会社案内の基本まとめ

パンフレットの基本的なページ数を理解した上で、それぞれ適したコンテンツにまとめていく必要があることをわかっていただけたと思います。

今回は、会社案内パンフレットを構成するためのコンテンツをご紹介しましたが、パンフレットには、商品説明用パンフレット、採用パンフレット、イベント告知用パンフレットなど、さまざまな種類があります。

そして、それぞれのパンフレットを作るために必要なコンテンツが存在します。それぞれの特徴や作る際のポイント、また、パンフレット作成の流れなどは、また別の機会にお話したいと思います。

まずは、パンフレットのページ数の考え方と会社案内の基本コンテンツを押さえておいてください。

会社案内を作ったことがない方、また、会社から会社案内作成担当者に任命されてしまった方は、ぜひ以下もご参考に。会社案内をどう作ったら良いか、解説しています。

参考:
初めての会社案内作成!担当者が決める9つのこと
会社案内を作る「何となく」を明確な目的に変える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パンフレットなどの販促ツールのご相談を受け付けております
パンフレットなどの販促ツールのご相談を受け付けております

年間3,000件超の紙媒体・印刷物を制作している弊社が培ってきたノウハウ全てをもって、紙媒体(パンフレット・小冊子・ポスター・DMなど)による販売促進を、弊社ディレクターがサポートいたします。

今なら、無料相談を実施しております。まずはお気軽にご相談ください。

無料相談はこちらから